コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平頼聡 まつだいら よりとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼聡 まつだいら-よりとし

1834-1903 幕末-明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)5年8月4日生まれ。松平頼恕(よりひろ)の7男。妻は井伊直弼(なおすけ)の娘。義兄頼胤(よりたね)の隠居で,文久元年讃岐(さぬき)高松藩主松平(水戸)家11代となる。慶応4年鳥羽・伏見の戦いで幕府側につき官位をとりあげられた。明治17年伯爵。明治36年10月17日死去。70歳。幼名は万之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平頼聡の関連キーワード菊塚与市葛飾北斎野村軍記服飾雑誌画論アヘン戦争図鑑プラット修正ロシア映画宇治紫文

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松平頼聡の関連情報