松平頼胤(読み)まつだいら よりたね

美術人名辞典の解説

松平頼胤

幕末・明治の大名。高松藩主頼儀の第四子。九代藩主頼恕の養子となる。幼名は雄丸、名は都太郎・貞五郎、字は舜民、頼胤は諱、宮内大輔・左京大夫、のち讃岐守と称する。善得は法諱。明治4年東京に移り、同10年(1877)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼胤 まつだいら-よりたね

1811*-1877 江戸時代後期の大名。
文化7年12月22日生まれ。松平頼儀(よりのり)の4男。妻は将軍徳川家斉(いえなり)の娘文姫。松平頼恕(よりひろ)の養子となり,天保(てんぽう)13年讃岐(さぬき)高松藩主松平(水戸)家10代。嘉永(かえい)6年ペリー来航の際には幕命で江戸の浜御殿を警備。文久元年隠居。明治10年12月30日死去。68歳。通称は貞五郎。号は鳳岡。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android