コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平頼胤 まつだいら よりたね

2件 の用語解説(松平頼胤の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松平頼胤

幕末・明治の大名。高松藩主頼儀の第四子。九代藩主頼恕の養子となる。幼名は雄丸、名は都太郎・貞五郎、字は舜民、頼胤は諱、宮内大輔・左京大夫、のち讃岐守と称する。善得は法諱。明治4年東京に移り、同10年(1877)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼胤 まつだいら-よりたね

1811*-1877 江戸時代後期の大名。
文化7年12月22日生まれ。松平頼儀(よりのり)の4男。妻は将軍徳川家斉(いえなり)の娘文姫。松平頼恕(よりひろ)の養子となり,天保(てんぽう)13年讃岐(さぬき)高松藩主松平(水戸)家10代。嘉永(かえい)6年ペリー来航の際には幕命で江戸の浜御殿を警備。文久元年隠居。明治10年12月30日死去。68歳。通称は貞五郎。号は鳳岡。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松平頼胤の関連キーワード池田斉敏秋田長季池田政善板倉勝顕久留島通容酒井忠恒(2)谷衛昉堀田正時松平斉承松平乗利

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松平頼胤の関連情報