コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平頼道 まつだいら よりみち

1件 の用語解説(松平頼道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼道 まつだいら-よりみち

1657-1721 江戸時代前期-中期の大名。
明暦3年3月20日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩主徳川頼房(よりふさ)の6男徳川頼利の子。叔父松平頼雄(よりお)の養子となり,元禄(げんろく)10年常陸宍戸(ししど)藩主松平(水戸)家2代。享保(きょうほう)6年6月3日死去。65歳。字(あざな)は子善。通称は靭負。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松平頼道の関連キーワード常行小川俊政狩野梅雲酒井忠予柴村盛之鈴木正真多賀左近仲上法策村田久辰山下煕庵