コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本十郎 まつもと じゅうろう

1件 の用語解説(松本十郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本十郎 まつもと-じゅうろう

1839-1916 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)10年8月18日生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩士。戊辰(ぼしん)戦争に敗れたのち松本十郎を名のる。明治2年黒田清隆の推薦で開拓使判官となり大判官にすすむが,樺太(からふと)アイヌの移住問題で黒田と対立して辞職した。大正5年11月27日死去。78歳。前名は戸田惣十郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松本十郎の関連キーワード井上隆蔵内田正雄岡田善長小倉信一麻見義修鈴木大田代正道本多鼎介山口尚芳山崎樵夫

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone