松本斗機蔵(読み)まつもと ときぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本斗機蔵 まつもと-ときぞう

?-1841 江戸時代後期の武士。
八王子千人同心組頭。塩野適斎にまなぶ。蘭学に通じ,渡辺崋山と親交があった。水戸藩主徳川斉昭(なりあき)に「献芹(けんきん)微衷」を献じ,また「英国使節渡来風説に付上書」をあらわすなど海防問題にくわしかった。天保(てんぽう)12年9月12日浦賀奉行就任を前に病死。享年に42,46,47,49歳の諸説がある。本姓は千葉。名は胤親(たねちか)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる