コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本荘一郎 まつもと そういちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本荘一郎 まつもと-そういちろう

1848-1903 明治時代の官僚,土木技術者。
嘉永(かえい)元年5月23日生まれ。松本烝治(じょうじ)の父。大学南校にまなび,明治3年渡米して土木工学をおさめる。東京府,開拓使などをへて,鉄道庁にはいり,全国の鉄道敷設に貢献。26年鉄道庁長官,逓信省鉄道局長,30年鉄道作業局長官となる。明治36年3月19日死去。56歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松本荘一郎

没年:明治36.3.19(1903)
生年:嘉永1.5.23(1848.6.23)
鉄道建設に貢献した明治期の官僚。長男は法学者の松本烝治。播磨国(兵庫県)に生まれたが,明治初年箕作麟祥 に師事した折,大垣藩(岐阜県)藩士の推薦を受け同藩に出仕することとなった。のち大学南校に入り,明治3(1870)年米国に留学し土木工学を学ぶ。9年に帰国し,東京府御用掛を振り出しに開拓使御用掛,工部権大技長,鉄道庁長官,逓信省鉄道局長,鉄道作業局長官を歴任。その間東京・青森間や中山道鉄道幹線などの路線踏査を行い,アプト式鉄道の建設を説いた。21年工学博士。31年には帝国鉄道協会を設立した。<参考文献>「松本文庫」(社団法人日本交通協会所蔵)

(長井純市)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

松本荘一郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android