コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本烝治 まつもとじょうじ

5件 の用語解説(松本烝治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松本烝治
まつもとじょうじ

[生]1877.10.14. 東京
[没]1954.10.8. 東京
商法学者。東京大学卒業後,1910年同大学教授。 19年南満州鉄道株式会社理事,次いで副社長,22年辞任。 23年法制局長官,24年貴族院議員第2次世界大戦後,45年には幣原内閣国務大臣として憲法改正問題を担当し,46年松本私案と呼ばれる憲法改正案要綱を作った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本烝治 まつもと-じょうじ

1877-1954 明治-昭和時代の商法学者,政治家。
明治10年10月14日生まれ。松本荘一郎の長男。明治43年母校東京帝大の教授。のち満鉄副社長,関西大学長,商工相などを歴任。手形・小切手法,会社法改正などの立案・制定にたずさわる。昭和20年幣原(しではら)内閣の国務相として憲法改正草案を作成したが,GHQに拒否された。貴族院議員。学士院会員。昭和29年10月8日死去。76歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

まつもとじょうじ【松本烝治】

1877‐1954(明治10‐昭和29)
商法学者,政治家。東京生れ。東京帝大卒。手形法(1932公布)や小切手法(1933公布)の制定や,1938年の会社法大改正を指導した。戦後,幣原喜重郎内閣の国務大臣として憲法改正案の起草を指導したが,その案は,総司令部に拒否された。1910年東京帝大教授。13年より法制局参事官を兼任し,商法の標準的教科書のほか多くの論文を著した。19年東大を辞し,満鉄理事,同副社長,法制局長官,商工大臣を歴任。弁護士としても活躍し,多くの会社の顧問も務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつもとじょうじ【松本烝治】

1877~1954) 政治家・商法学者。岐阜県生まれ。東大教授・満鉄副社長・法制局長官・関西大学長・商工相を歴任。戦後、幣原内閣で国務相。憲法問題を担当し松本私案を作成した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松本烝治
まつもとじょうじ
(1877―1954)

わが国における商法学を確立した代表的学者。東京生まれ。1900年(明治33)に東京帝国大学法科大学を卒業後、農商務省に入ったが、1903年に母校の助教授に迎えられ、ドイツフランスイギリスに留学後、1911年教授となり、商法、民法の講座を担当した。1913年(大正2)以来法制局参事官を兼ねたが、1919年大学を去って南満州鉄道株式会社の理事、ついで副社長となる。1923年には第二次山本権兵衛(やまもとごんべえ)内閣の法制局長官となり、関東大震災後の非常時立法の制定に意を用い、1934年(昭和9)には斎藤実(さいとうまこと)内閣の商工大臣、1945年(昭和20)には幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)内閣の国務大臣として憲法改正の中心的存在となった。手形法、小切手法、有限会社法の制定、1938年の商法改正などに指導的役割を果たし、立法を通じて商法学の発展に寄与した功績は大きい。その他著書、論文も多く、今日のわが国における商法解釈学は彼によって確立されたといえる。その鋭く回転の速い頭脳とスケールの大きい人柄とは、彼を単なる学究として研究室に閉じこもらせることなく、政界、法曹界(弁護士)を含めその活躍は多方面にわたっていた。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松本烝治の言及

【日本国憲法】より

…1945年10月,連合国最高司令官マッカーサーは,日本の政府に2度にわたって,ポツダム宣言を受諾した以上明治憲法を抜本的に改正すべきだと勧告した。政府(幣原喜重郎内閣)は,これを受けて国務大臣松本烝治を主任とする憲法問題調査委員会を設置した。同年12月8日,松本は,衆議院で,以下の4原則(〈松本四原則〉)に基づき,同委員会が憲法改正案を作成する旨を表明した。…

※「松本烝治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松本烝治の関連キーワード久我通顕江川英文兼子一小町谷操三高木誠司田中誠二西原寛一堀真琴松村瞭三潴信三

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松本烝治の関連情報