コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦斌 まつうら さかる

1件 の用語解説(松浦斌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦斌 まつうら-さかる

1851-1890 明治時代の神職,公共事業家。
嘉永4年8月22日生まれ。16歳で郷里の隠岐(おき)(島根県)焼火権現(たくひごんげん)の別当をつぎ,神仏分離令で還俗し神職となる。隠岐島・本土間の定期航路開設につくし,明治18年就航にこぎつけ共同経営にあたる。焼火山の森林はすべてその損金補填(ほてん)にあてられたという。明治23年1月17日死去。40歳。幼名は保丸。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松浦斌の関連キーワードドイツ映画チェコ文学造船業リゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会ミシン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone