コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦松洞 まつうら しょうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦松洞 まつうら-しょうどう

1837-1862 幕末の画家。
天保(てんぽう)8年生まれ。魚商人の子で,長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士根来(ねごろ)主馬につかえる。四条派の礀(羽様)西涯(はざま-せいがい)にまなぶ。松下村塾にはいり,尊攘(そんじょう)運動にくわわる。安政大獄で江戸におくられる吉田松陰の肖像をかきのこした。長井雅楽(うた)の暗殺をくわだてたがはたせず,文久2年4月13日京都粟田山で自害。26歳。名は温古。通称は亀太郎。変名に松田和介など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松浦松洞の関連キーワード松浦亀太郎天保

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松浦松洞の関連情報