コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦松洞 まつうら しょうどう

1件 の用語解説(松浦松洞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦松洞 まつうら-しょうどう

1837-1862 幕末の画家。
天保(てんぽう)8年生まれ。魚商人の子で,長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士根来(ねごろ)主馬につかえる。四条派の礀(羽様)西涯(はざま-せいがい)にまなぶ。松下村塾にはいり,尊攘(そんじょう)運動にくわわる。安政の大獄で江戸におくられる吉田松陰の肖像をかきのこした。長井雅楽(うた)の暗殺をくわだてたがはたせず,文久2年4月13日京都粟田山で自害。26歳。名は温古。通称は亀太郎。変名に松田和介など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松浦松洞の関連キーワードスタング(父子)ウィリス本因坊秀策サイゴン条約黒住教マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone