松田直兄(読み)まつだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田直兄 まつだ-なおえ

1783-1854 江戸時代後期の歌人。
天明3年8月3日生まれ。京都上賀茂神社の神職。歌を賀茂季鷹(すえたか)にまなぶ。技巧を排した「ただ言歌(ことうた)」の歌論をとなえた。嘉永(かえい)7年2月20日死去。72歳。通称は松之介。号は藤園。名は直慶,直江とも。著作に「言葉直路(ただじ)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

松田直兄 (まつだなおえ)

生年月日:1783年8月3日
江戸時代後期の歌学者
1854年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android