コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松菊里遺跡 しょうきくりいせき Songgunni‐yujŏk

1件 の用語解説(松菊里遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうきくりいせき【松菊里遺跡 Songgunni‐yujŏk】

韓国,忠清南道扶余郡草村面一帯の標高40m以内の低い丘陵地帯に立地し,中西部地方における無文土器(青銅器)時代前半期の代表的集落遺跡。遺物は,2km×1.5kmの範囲に分布し,朝鮮半島最大の遺跡と考えられるが,そのうち一部が,1975年から78年にかけて4次にわたって発掘調査された。その結果,19基の住居跡と4基の小型甕棺墓などが発見された。住居は竪穴式で,平面が円形と長方形をなしているが,内部床面には炉をつくっていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松菊里遺跡の関連キーワード慶尚南道鶏竜山窯全羅南道忠清南道忠清北道扶余江東天安保寧市閔宗植

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone