コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松迎え マツムカエ

デジタル大辞泉の解説

まつ‐むかえ〔‐むかへ〕【松迎え】

正月の門松などに用いる松をから切ってくること。 冬》「谷山に子どもの声す―/澄雄」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まつむかえ【松迎え】

正月用の飾松を切りに行くこと。12月13日に行く所が多くこの日を正月の準備開始の日としていたが,すす払いなどと同じように今では遅くなっている。資源保護の立場からすでにやめてしまった所も少なくない。このときだけはどこの山へ入ってもとがめられないというが,家の屋根が見えないくらい遠くのがよいとか,家より低い地のは嫌うなどともいう。厳重にする所では,松に神酒を注ぎ洗米を供えて,かしわ手を打ち,唱え言をするなどの一定の作法に従って切ってくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まつむかえ【松迎え】

門松など正月に飾る松を、年の暮れに山野からとってくること。正月様迎え。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

松迎えの関連キーワード年中行事(ねんじゅうぎょうじ)すす払い(煤払い)年の暮れ正月始め松囃子松飾り恵方初山正月山野年男

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android