コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷山(読み)たにやま

日本の地名がわかる事典の解説

〔地区名〕谷山(たにやま)


鹿児島県南部の住宅・工業地区
江戸時代には薩摩藩直轄領で、麓(ふもと)集落の一つ。鹿児島市の都市化に伴い宅地開発が進み、沿岸部の埋め立て地は臨海工業地帯となっている。

〔鹿児島県〕谷山(たにやま)


鹿児島市南部の住宅・工業地区。旧谷山市が1967年(昭和42)に鹿児島市と合併。江戸時代は薩摩(さつま)藩の直轄領で、麓(ふもと)集落の一つ。現在、鹿児島市の都市化に伴い、宅地開発が急進展。沿岸部の埋め立て地は臨海工業地帯。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷山の関連情報