谷山(読み)たにやま

日本の地名がわかる事典の解説

〔地区名〕谷山(たにやま)


鹿児島県南部の住宅・工業地区
江戸時代には薩摩藩直轄領で、麓(ふもと)集落の一つ。鹿児島市の都市化に伴い宅地開発が進み、沿岸部の埋め立て地は臨海工業地帯となっている。

〔鹿児島県〕谷山(たにやま)


鹿児島市南部の住宅・工業地区。旧谷山市が1967年(昭和42)に鹿児島市と合併。江戸時代は薩摩(さつま)藩の直轄領で、麓(ふもと)集落の一つ。現在、鹿児島市の都市化に伴い、宅地開発が急進展。沿岸部の埋め立て地は臨海工業地帯。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たにやま【谷山】

[一] 鹿児島市南部の地名。薩摩半島東岸にあり、かつて島津氏外城(とじょう)が置かれた。野菜栽培や酪農がさかん。昭和三三年(一九五八)市制。同四二年鹿児島市に合体。
[二] (谿山・谷山) 鹿児島県、薩摩半島の中央部にあった郡名。明治三〇年(一八九七)鹿児島郡に編入されて消滅。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷山の関連情報