コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷山 たにやま

大辞林 第三版の解説

たにやま【谷山】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

谷山【たにやま】

鹿児島市南部地区。1958年市制の旧市で,1967年鹿児島市と合併。タバコ・野菜栽培,乳牛飼育が盛んな近郊農業地帯であるが,宅地化が進み,指宿(いぶすき)枕崎線が通じ,干拓地を中心に臨海工業地帯造成工業港の建設が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地区名〕谷山(たにやま)


鹿児島県南部の住宅・工業地区
江戸時代には薩摩藩直轄領で、麓(ふもと)集落の一つ。鹿児島市の都市化に伴い宅地開発が進み、沿岸部の埋め立て地は臨海工業地帯となっている。

〔鹿児島県〕谷山(たにやま)


鹿児島市南部の住宅・工業地区。旧谷山市が1967年(昭和42)に鹿児島市と合併。江戸時代は薩摩(さつま)藩の直轄領で、麓(ふもと)集落の一つ。現在、鹿児島市の都市化に伴い、宅地開発が急進展。沿岸部の埋め立て地は臨海工業地帯。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

谷山の関連キーワード谷山(朝鮮民主主義人民共和国)京都府京都市左京区一乗寺松原町おおたかどや山標準電波送信所鹿児島県鹿児島市上福元町クムトゥラ(庫木吐剌)ガキ帝国 悪たれ戦争平家屋敷民俗資料館おはようクレヨン谷山(鹿児島市)国生 岩右衛門サイドカーに犬西祖谷の神代踊国生岩右衛門徳島県三好市是枝柳右衛門テルーの唄三宅美術館三好[市]山中渓温泉山田宗久

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷山の関連情報