コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷山 たにやま

4件 の用語解説(谷山の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

たにやま【谷山】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

谷山【たにやま】

鹿児島市南部地区。1958年市制の旧市で,1967年鹿児島市と合併。タバコ・野菜栽培,乳牛飼育が盛んな近郊農業地帯であるが,宅地化が進み,指宿(いぶすき)枕崎線が通じ,干拓地を中心に臨海工業地帯の造成,工業港の建設が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔地区名〕谷山(たにやま)


鹿児島県南部の住宅・工業地区
江戸時代には薩摩藩の直轄領で、麓(ふもと)集落の一つ。鹿児島市の都市化に伴い宅地開発が進み、沿岸部の埋め立て地は臨海工業地帯となっている。

〔鹿児島県〕谷山(たにやま)


鹿児島市南部の住宅・工業地区。旧谷山市が1967年(昭和42)に鹿児島市と合併。江戸時代は薩摩(さつま)藩の直轄領で、麓(ふもと)集落の一つ。現在、鹿児島市の都市化に伴い、宅地開発が急進展。沿岸部の埋め立て地は臨海工業地帯。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷山の関連キーワード鹿児島市亀田篠ノ井勿来松永鹿児島大学アミュプラザ鹿児島鹿児島アリーナ鹿児島市民文化ホール垂水[市]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷山の関連情報