板倉武(読み)いたくらたけし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板倉武
いたくらたけし

[生]1888.9.15. 千葉
[没]1958.12.9. 東京
内科医で,日本の治療学の確立者。主著『治療学総論』で,「治療学 therapeuticsとは個体の維持並びに生命の発展を目的として,計量的刺激を人体に適用する方針と方法並びに根拠について研究する学問である」と述べている。 1923年文部省留学生として渡欧,イギリスのエディンバラ大学で治療学教室の存在と充実に驚き,アメリカに渡ってフランス医学の評価の高いことを知り,フランスに戻った。パリ大学で,治療学のテキストに『傷寒論』が利用されているのを見て,以後視野を漢方にまで広げ,日本医学のなかに治療学の基礎を築いた。ジギタリスを中心とする薬理の研究は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android