コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉重寛 いたくら しげひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉重寛 いたくら-しげひろ

1669-1721 江戸時代前期-中期の大名。
寛文9年1月1日生まれ。板倉重種(しげたね)の長男。蟄居(ちっきょ)中の父の所領5万石のうち3万石をつぎ,天和(てんな)3年信濃(しなの)(長野県)坂木藩主板倉家2代となる。残りの2万石は従兄板倉重宣(しげのぶ)に分与。元禄(げんろく)15年陸奥(むつ)福島藩主板倉家初代となり,福島城と城下町を整備し,藩政の基礎をつくった。享保(きょうほう)6年閏(うるう)7月17日死去。53歳。旧名は重長,重知。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

板倉重寛の関連キーワード板倉重泰

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android