コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林利玄 はやし りげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林利玄 はやし-りげん

1565?-? 織豊-江戸時代前期の囲碁棋士。
永禄(えいろく)8年?生まれ。林門入斎の師で,林家の元祖。日蓮宗の僧。本因坊算砂(さんさ)の好敵手であった。慶長8年(1603)の算砂の日記によれば,利玄は備前岡山などで算砂と9年間に374番対局している。和泉(いずみ)(大阪府)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

林利玄の関連キーワード足利義輝慶寿院オプリチニナ足利義輝ローレキリシタン関係主要人名総合年表(アメリカ)田村市都路池田輝政イムディーナ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android