コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林忠恕 はやし ただよし

2件 の用語解説(林忠恕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林忠恕 はやし-ただよし

1835-1893 明治時代の建築技術者。
天保(てんぽう)6年5月14日生まれ。鍛冶(かじ)屋,木挽(こび)き職から大工となる。幕末に横浜でアメリカ人ブリジェンスに洋風建築をまなぶ。明治4年大蔵省営繕寮雇いとなり,内務省,駅逓寮,大審院などの木造庁舎建築を手がけた。明治26年3月21日死去。59歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

林忠恕

没年:明治26.3.21(1893)
生年:天保6(1835)
明治初期の中央官庁営繕を主導し,工部大学校卒業の建築家が世に出る以前の初期洋風建築を担った建築技術者。三重県出身,大工として横浜に出て居留地の洋風建築に従事,その過程でアメリカ人建築家ブリジェンスに西洋建築法を学んだと推定されている。維新後の明治4(1871)年大蔵省雇に入り,同7年から工部省,19年からは内務省,海軍省に勤めた。明治6,7年ごろから中央政府官庁群の建設が進められるが,内務省(1873),駅逓寮(1874),大審院(1877)など初期の主要庁舎を手がけている。<参考文献>湯川甲三「故海軍技師林忠恕君略歴」(『建築雑誌』1893年6月号)

(越野武)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林忠恕の関連キーワード工部工部省工部大学校中央官制中央官庁中央機関官庁街地方官庁カッペレッティボワンビル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone