コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林爽文 りんそうぶん Lin Shuang-wen; Lin Shuang-wên

2件 の用語解説(林爽文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林爽文
りんそうぶん
Lin Shuang-wen; Lin Shuang-wên

[生]?
[没]乾隆53(1788).北京
中国,清の乾隆朝末期に起った台湾反乱の指導者。 漳州 (福建省) の人。台湾に渡って彰化県の捕吏となったが,やがてその地の天地会 (→三合会 ) の領袖として勢力をもち,官憲の弾圧に抗して乾隆 51 (1786) 年反乱を起し,彰化,嘉義一帯を占領して独立し,順天と年号を定めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りんそうぶん【林爽文 Lín Shuǎng wén】

?‐1788
中国,清代に台湾で起きた天地会の反乱,いわゆる林爽文の乱の指導者。福建省漳州府平和県の出身。1786年(乾隆51),官憲の弾圧に対抗して彼の率いる天地会は台湾中西部で挙兵し,一時は全島を制圧した。順天と年号をたて,官制を整えたが,88年,福康安の率いる大軍によって鎮圧され,彼も捕らえられ,北京へ送られて処刑された。清朝治下の台湾における最大の反乱であったが,その背景には台湾における官憲の腐敗や出身地別の複雑な対立問題があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林爽文の関連キーワード朱一貴シラン劉永福セポイの反乱天地会たった一人の反乱国共和平交渉金門顔思斉哱拝の乱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone