コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天地会 テンチカイ

デジタル大辞泉の解説

てんち‐かい〔‐クワイ〕【天地会】

中国、代の秘密結社。18世紀中ごろ、福建に起こり、華中華南で組織。打富済貧を掲げてしばしば反乱を起こし、19世紀以降は反清復明(はんしんふくみん)を唱えた。三合会

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てんちかい【天地会 Tiān dì huì】

中国,清代の反体制秘密結社。天地会はその対外呼称でみずから洪門と称した。三合会,三点会などその異称は多い。康熙(1662‐1722)初年鄭成功の抗清闘争が失敗したあと,華南地方に起源するとされ,乾隆(1736‐95)末年の台湾での林爽文の反乱(1786‐87)から官憲の注目をあびるにいたった。〈反清復明〉〈滅満興漢〉を宗旨に掲げた厳格な規律をもつ集団で,19世紀を通じてその流れをくむ異名の諸組織がくりかえし各地で暴動を起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんちかい【天地会】

中国、清代の秘密結社。一八世紀後半に福建に起こり、反清はんしん復明ふくみん・滅満興漢を唱え、その流れをくむ諸党派とともに反清排外運動に活躍した。三合会。三点会。 → 会党

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天地会
てんちかい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天地会の言及

【会党】より

…前近代には白蓮教などほとんど〈教匪〉一色だったのにたいし,近代に会党が簇出(そうしゆつ)したのは時代の一特色なのである。会党の起源は清初の天地会に求められるが,近代で著名なのは華南の三合会,華中の哥老会など,いわゆる紅幇(ホンパン)である。同性質のものでも名称を異にするものはきわめて多く,青幇(チンパン)も広義には会党に含められる。…

【秘密結社】より

…白蓮教の支派末流は,ごく近年まで根強く活動し,1900年の義和団運動のほか,在理教,黄天道など種々の名で華北一帯の民衆の間に信仰されていたが,その一つである一貫道は,現在も台湾で活発に布教している。 これらとは別に,清代には異民族支配に反抗して漢族の明王室を再興しようとする政治的秘密結社が早くから華南の地に興り,天地会,哥老会,三合会などと称され,辛亥(しんがい)革命(1911)の前後になると,孫文らの革命勢力とも呼応して軍事的な貢献があった。なお,近代中国の秘密結社は,国民党と青幇(チンパン),共産党と紅槍会などの結びつきにみられるように,政治動向の帰趨を左右するほどの大きな勢力を維持していたことに注意しなければならない。…

※「天地会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天地会の関連キーワード歌舞伎の用語林爽文の乱吉村 鋭治瑤民の乱太平天国排満興漢哥老会劉永福那彦成黒旗軍小刀会伍崇曜会党桂平紅幇

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天地会の関連情報