コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林研海 はやし けんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林研海 はやし-けんかい

1844-1882 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)15年6月16日生まれ。林洞海(どうかい)の長男。文久2年(1862)伊東玄伯とともに幕府のオランダ留学生となるが,幕府の崩壊で帰国。西南戦争に従軍し,明治12年陸軍軍医総監。15年有栖川宮熾仁(ありすがわのみや-たるひと)親王のヨーロッパ出張に随行し,同年8月30日パリで病死した。39歳。江戸出身。本名は紀(つな)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

林研海

没年:明治15.8.30(1882)
生年:弘化1.6.16(1844.7.30)
幕末明治期の蘭方医,陸軍軍医。幕府奥医師林洞海の長男として江戸に生まれる。名は紀。研海は号。長崎でポンペに学び,文久2(1862)年幕府第1回海軍留学生として伊東方成(玄伯)らと共にオランダに渡るが,幕府の倒壊で帰国。旧幕府に恩義を感じて朝廷典薬寮出仕勧告を辞退,徳川家に従い駿府に移り静岡藩病院長となった。同院廃止後の明治4(1871)年,陸軍に出仕,第2代陸軍軍医総監にまで進んだが,渡欧出張中にパリで客死。葬地はモンパルナス南墓地。<参考文献>土屋重朗『静岡県の医史と医家伝』

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

林研海の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android