コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

果無山脈 はてなしさんみゃく

2件 の用語解説(果無山脈の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はてなしさんみゃく【果無山脈】

和歌山県中部から和歌山・奈良県境にかけて,全長約30kmにわたって東西方向に続く山脈。和歌山県南部(みなべ)川上流の虎ヶ峰(790m)から東へのび,奈良県境の和田ノ森(1049m),安堵(あんど)山(1184m)を経て,十津川の峡谷部に達する。地質はおもに中生層で,和田ノ森から東では標高1000~1200mの山頂平たん面が連続しており,最高峰は安堵山の東約3kmの1262m。西流する日高川と南流する富田(とんだ)川,日置(ひき)川の水源地域をなし,この山脈を境にして和歌山県側は,北の日高地方と南の牟婁(むろ)地方に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

果無山脈
はてなしさんみゃく

和歌山県南東部、奈良県との県境に沿う山脈。富田(とんだ)川が発源する和田森(わだのもり)(1025メートル)から東へ安堵山(あんどさん)(1184メートル)、冷水山(しみずやま)(1262メートル)、果無峠(990メートル)などを連ねる直線状の尾根続きで、十津(とつ)川右岸の奈良県二津野(ふたつの)ダムに下る。熊野本宮大社から北上して高野山(こうやさん)に至る果無街道(小辺路(こへち))が果無峠で山脈を横切る。『続風土記(ふどき)』にみえる果無越が山脈名の起源と思われる。西は虎(とら)ヶ峰山脈に続く。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

果無山脈の関連キーワード熊野川日高川和歌山県和歌山県立医科大学和歌山大学和歌山和歌山公園動物園わかちゃん小野真次志賀法立正

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

果無山脈の関連情報