枝葉・支葉(読み)しよう

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐よう ‥エフ【枝葉・支葉】

〘名〙
① 樹木の枝と葉。
※凌雲集(814)詠桃花一首〈平城天皇〉「願以成蹊枝葉下、終天長樹玉階辺」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)松嶋「松の緑こまやかに、枝葉汐風に吹たはめて」
② 家柄・門派について、樹幹にあたる本宗(ほんそう)・主流に対し、そこから分派した流れをさす。子孫。一門。
※詩序集(1133頃)月下多軒騎詩序〈平光俊〉「早出槐風棘露之枝葉、更韜楊金荊玉之光輝
※平家(13C前)三「一期(いちご)の栄花猶あやうし。枝葉連続して、親を顕し名を揚げむ事かたし」
③ 主体に付随した部分。末の部分。重要でない部分。末節。
※本朝文粋(1060頃)九・学校如林詩序〈大江朝綱〉「雖時属休明、択枝葉於言行
※国会論(1888)〈中江兆民〉「其互ひに相異なる所は皆枝葉(シエフ)に属する点にして其本根楨幹に至ては尽く同一なり」 〔礼記‐表記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android