コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枡網/升網 マスアミ

デジタル大辞泉の解説

ます‐あみ【×枡網/升網】

建て網の一。魚を誘導する垣網多角形に立て回す身網と、その角に取り付ける袋網からなり、支柱などで固定する。袋網だけ船に引き上げて漁獲物を取り込む。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ますあみ【枡網】

垣網(かきあみ)と囲網(かこいあみ),および多角形に屈曲した囲網の角々に取り付けられた囊網(ふくろあみ)からなる網を枡(桝)網とよぶ。囊網の中には漏斗(ろうと)があって,囊に入った魚の逃げるのを防ぐようにしてある。壺網,枡建網,角建網,沖建網ともよばれる。この網は沿岸の浅所や入江,内湾,湖沼などに,2~25尋(ひろ)ぐらいの水深で支柱または碇,土俵を用いて敷設される小規模の定置網である。瀬戸内海,九州北部沿海,三河湾,東京湾などに多く,タイ,サワラ,ハマチ,ニベ,ボラ,イカ,スズキ,ハゼその他浅所にくる雑多のものをとるが,特に瀬戸内海のタイおよびサワラの枡網は規模も大きく,敷設統数,漁獲高の上から重要とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ますあみ【枡網】

建て網の一。魚を導く垣網と魚を取り囲む囲い網とから成り、囲い網の屈曲部に紡錘形で内部に返しが付いた袋網を付ける。遠浅泥砂の海に支柱などで固定し、タイ・カレイ・エビなどを捕らえる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の枡網/升網の言及

【漁具】より

…囲い網の一部に魚捕部をつける場合,別に袋状の魚捕網をつける場合など,取り上げ方もいろいろである。台網,大謀網,落し網,ひさご網,角網,枡網などがある。サケ・マス,ブリ,イワシ,タラなど特定の魚種をおもな対象とするものもあるが,とくに魚種を選ばず,沿岸に来遊するものすべてをとる場合も多い。…

【定置網漁業】より

…これらが発展して規模を増し,複雑な構造になってえり(魞)になり,定置網となったものである。定置網はその構成から台網類,落し網類,枡(ます)網類,張網類,出し網類,網えり類に分けられる。 台網類は身網と垣網あるいはさらに囲い網をもつ定置網で,古い型であって現在はまったく残っていない。…

※「枡網/升網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

枡網/升網の関連キーワード坪網・壺網・壷網紡錘形囲い網