コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定置網漁業 ていちあみぎょぎょうset net fishery

世界大百科事典 第2版の解説

ていちあみぎょぎょう【定置網漁業 set net fishery】

定置網は文字通り一定の場所に長期間設置しておく網漁具で,建網類とも呼ばれる。定置網を用いて営む漁業が定置網漁業である。魚群の移動を遮断し誘導する垣網と,その魚群をとりあげるための身網(あるいは囊(ふくろ)網)とから成るのが基本的な構造である。魚群の来遊を待つ受動的な漁業であるので,設置場所の選定が重要である。沿岸に来遊する魚群が多く,多くの人手で大規模な漁具を用いていたころは沿岸漁業の中で重要な位置を占めたが,水産資源の減少,沿岸環境の悪化,他の漁業(巻網漁業底引網漁業)の進歩につれて,定置網漁業の重要性は低下してきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

定置網漁業の関連キーワードサケ・マス漁業新上五島(町)富山県魚津市ケンサキイカウマヅラハギ新魚目[町]中土佐[町]河野[村]新湊[市]伊根(町)薩摩川内市青山 正一斜里[町]楠崎吉蔵沖合漁業免許漁業上ノ加江木古内町中土佐町日高亀市

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定置網漁業の関連情報