コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏倉文四郎 かしわぐら ぶんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柏倉文四郎 かしわぐら-ぶんしろう

1842-1903 明治時代の治水家。
天保(てんぽう)13年生まれ。生家出羽(でわ)長崎村(山形県中山町)の豪農。山形盆地西部の水不足解消のため,明治21年安孫子(あびこ)兼次郎の協力をえて左沢(あてらざわ)村の最上川から取水する最上堰(ぜき)をつくる。用水路の総延長は約21km。灌漑(かんがい)面積は約1300ha。明治36年死去。62歳。名は信敏。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柏倉文四郎の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android