染(め)木(読み)ソメキ

精選版 日本国語大辞典の解説

そめ‐き【染木】

〘名〙
① そこから染料をとるための木、または草。染料になる草木。藍(あい)・茜(あかね)・蘇芳(すおう)などの類。染草(そめくさ)
※古事記(712)上・歌謡「山県に 蒔きし 藍蓼(あたて)(つ)き 曾米紀(ソメキ)が 汁に 染衣(しめころも)を まつぶさに 取り装ひ」
② 五色に彩色した三〇センチメートルぐらいの木。昔、東北地方で男が恋する女の家の門に立て、同意した女はこれを家へ取り入れるという風習があった。錦木(にしきぎ)
※光悦本謡曲・錦木(1430頃)「涙も色に出けるかや。恋のそめ木共、此錦木をよみしなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android