コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柔遠 にゅうおん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柔遠 にゅうおん

1742-1798 江戸時代中期の僧。
寛保(かんぽう)2年生まれ。浄土真宗本願寺派越中(富山県)明楽寺の住持。同国善巧寺の僧鎔(そうよう)に師事し,師の説をおぎない空華(くうげ)学派を発展させた。また儒教,天台の教典の講義をした。寛政10年2月1日死去。57歳。越中出身。字(あざな)は子帰。号は柳渓。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柔遠の関連キーワード小林斗盦琉球館印定寛保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android