コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柘植秀臣 つげ ひでおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柘植秀臣 つげ-ひでおみ

1905-1983 昭和時代の大脳生理学者。
明治38年9月10日生まれ。法大教授などをへて,昭和49年日本精神医療センター脳研究所長。社会主義思想に興味をもち,尾崎秀実(ほつみ)らとまじわる。自然弁証法の初期の論客。戦後は条件反射を研究し,また世界科学者連盟執行委員などをつとめた。昭和58年5月4日死去。77歳。東京出身。東北帝大卒。著作に「条件反射とはなにか」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柘植秀臣の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android