コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柘植秀臣 つげ ひでおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柘植秀臣 つげ-ひでおみ

1905-1983 昭和時代の大脳生理学者。
明治38年9月10日生まれ。法大教授などをへて,昭和49年日本精神医療センター脳研究所長。社会主義思想に興味をもち,尾崎秀実(ほつみ)らとまじわる。自然弁証法の初期の論客。戦後は条件反射を研究し,また世界科学者連盟執行委員などをつとめた。昭和58年5月4日死去。77歳。東京出身。東北帝大卒。著作に「条件反射とはなにか」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柘植秀臣の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android