コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然弁証法 しぜんべんしょうほうNaturdialektik

4件 の用語解説(自然弁証法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然弁証法
しぜんべんしょうほう
Naturdialektik

自然観の一つ。自然を唯物論的,弁証法的にみる立場。すなわち意識に対する事物の客観的存在の1次性を主張し,また事物が相関性を保つとともに,矛盾対立を内包しながら変化発展し,質から量へ,量から質への転換をとげつつ生成するとの観点から自然を理解しようとする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐べんしょうほう〔‐ベンシヨウハフ〕【自然弁証法】

自然の運動・発展を自然そのものにおける弁証法的過程としてとらえようとする立場。19世紀の自然科学の発達を背景に、マルクスとともにエンゲルスが提唱。自然は、量と質との相互転化、対立物の相互浸透否定の否定という法則に従って運動・発展すると説いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しぜんべんしょうほう【自然弁証法 Dialektik der Natur[ドイツ]】

(1)マルクス主義の学問体系の一部門。マルクスエンゲルスは自己の学問体系の構案を明示的には提示していないが,後継者たちにおいては,弁証法的唯物論(唯物弁証法)という原理的部門が立てられ,これを自然界とその認識とに適用したものとして自然弁証法なる部門が置かれる。この部門分類に即するかぎり,自然弁証法はマルクス主義における自然哲学に相当すると言えよう。しかし,エンゲルスは,自然諸科学の上に立つ自然哲学は,本来的には不必要と考えており,自然哲学を構想したわけではなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しぜんべんしょうほう【自然弁証法】

精神よりも物質を根源的なものと見るマルクス・エンゲルスの弁証法でとらえられた自然観。機械論的な自然観に対して、様々な物質が相互に連関しつつ、全体で弁証法的運動を示すと見る。唯物ゆいぶつ弁証法。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の自然弁証法の言及

【弁証法】より

…しかし,彼の場合,第一義的には〈存在界ならびに思考の一般的な運動・発展の法則,および,それについての学理的認識体系〉として弁証法が規定される。エンゲルスの大部の遺稿《自然弁証法》(自然弁証法)はこのような了解にもとづいて書き進められており,そこでは,(1)〈量より質への転化〉,(2)〈対立物の統一〉,(3)〈否定の否定〉が弁証法の三大法則として掲げられている。(1)は,存在界における変化を現象面にしか認めない伝統的な形而上学的(=非弁証法的)存在観に対するアンチ・テーゼをなすものである。…

※「自然弁証法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone