コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柚木玉粋 ゆのき ぎょくすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柚木玉粋 ゆのき-ぎょくすい

1834-1891 幕末-明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)5年生まれ。書家柚木玉嶼(ぎょくしょ)の3女。鎌田呉陽や中原国華にまなぶ。写生画,とくに山水花草にすぐれた。また種子島銃の射撃にたくみだった。明治24年7月16日死去。58歳。備中(岡山県)出身。名は久米。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柚木玉粋の関連キーワードゴンチャロフスタング(父子)バーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)マッキム・ミード&ホワイトワイルドイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャークイーストレーキカックラン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android