コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳家つばめ(5世) やなぎやつばめ[ごせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳家つばめ(5世)
やなぎやつばめ[ごせい]

[生]1929.4.30. 宮城,石巻
[没]1974.9.30. 東京
落語家。本名木村栄次郎。國學院大学史学科卒業。大学卒落語家の第1号で,卒業論文は『寄席史の研究』。鎌倉市立深沢中学校に教諭として勤務。1952年 5世柳家小さんに入門し,前座名は柳家小伸。1954年二つ目に昇進し,4世柳家小山三と改名。1960年夢月亭歌麿と改名。1963年真打ちに昇進し,5世柳家つばめを襲名。おもに新作落語で活躍し,『腹ペコ太平記』(自作),『トイレット部長』(藤島茂作)などを口演。現代史落語として,『吉田茂を偲ぶ』『佐藤栄作の正体』『松下幸之助伝』など政財界の人物評伝を語り人気を得る。とりわけときの首相を題材にした『佐藤栄作の正体』は好評だったが,テレビで口演したおり官邸からクレームがつき,以後このネタは放送できなくなりさらに話題を呼んだ。「新作落語こそが落語のあるべき道で,落語は常に大衆によってつくられる」ことを信念に時事ネタで絶えず客席に問いかけ,その集大成として『創作落語論』(1972)を著し,のちの新作派に大きな影響を与えた。著書はほかに『落語の世界』(1967),作品集『私は栄ちゃんと呼ばれたい』(1971)など。(→落語

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

柳家つばめ(5世)の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android