コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真打ち しんうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真打ち
しんうち

落語,講談浪花節など,寄席で最後に演ずる芸人,また,その資格を有する芸人の地位をさす。落語家にとっては最高の位で,前座二つ目を経て,師匠や協会幹部,関係者などから,ふさわしい技量を認められ,推挙された者が承認される。昇進の際には披露興行が催される。ただし,大阪 (上方) 落語では興業形態の違いのため真打ちの呼称は用いていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

真打ちの関連キーワード春風亭 柳朝(5代目)柳亭 芝楽(10代目)春風亭 柳枝(3代目)三遊亭 円遊(2代目)三遊亭 小円遊(初代)三遊亭 円左(1代目)三遊亭 歌奴(3代目)蝶花楼 馬楽(5代目)双龍斎 貞鏡(5代目)三遊亭 円左(4代目)三遊亭 円左(初代)橘家 円蔵(4代目)三遊亭円遊(1世)柳家小さん(5代)落語協会分裂騒動宝井馬琴(6世)東西で名跡復活古今亭 志ん好三遊亭 生之助はやし家 林蔵

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真打ちの関連情報