コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳家小三治(10代) やなぎや こさんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳家小三治(10代) やなぎや-こさんじ

1939- 昭和後期-平成時代の落語家。
昭和14年12月17日生まれ。昭和34年5代柳家小さんに入門,小たけ,さん治をへて44年10代小三治を襲名して真打となる。正統派古典落語の担い手として活躍。平成16年芸術選奨。22年落語協会会長(26年顧問)。著作に「小三治楽語対談」「小三治名席」など。26年人間国宝。27年江戸の古典落語を体現した一連の高座で毎日芸術賞。東京出身。青山高卒。本名は郡山剛蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柳家小三治(10代)の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生第2次世界大戦恐怖映画田坂具隆

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android