柳家小三治(10代)(読み)やなぎや こさんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳家小三治(10代) やなぎや-こさんじ

1939- 昭和後期-平成時代の落語家。
昭和14年12月17日生まれ。昭和34年5代柳家小さん入門,小たけ,さん治をへて44年10代小三治を襲名して真打となる。正統派古典落語担い手として活躍。平成16年芸術選奨。22年落語協会会長(26年顧問)。著作に「小三治楽語対談」「小三治名席」など。26年人間国宝。27年江戸の古典落語を体現した一連高座で毎日芸術賞。東京出身。青山高卒。本名は郡山剛蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android