柳川熊吉(読み)やながわ くまきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳川熊吉 やながわ-くまきち

1825-1913 幕末-明治時代の侠客(きょうかく)。
文政8年8月生まれ。新門辰五郎子分。安政3年箱館(はこだて)にわたり,消防組を組織し組頭となる。箱館戦争では幕府軍と新政府軍との連絡にあたり,榎本武揚(えのもと-たけあき)に義侠を愛された。幕府軍の遺骨埋葬,そこに大鳥圭介らと碧血(へきけつ)碑を建立した。大正2年12月死去。89歳。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android