コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川重信(初代) やながわ しげのぶ

2件 の用語解説(柳川重信(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳川重信(初代) やながわ-しげのぶ

1787-1833* 江戸時代後期の浮世絵師。
天明7年生まれ。江戸の人。葛飾(かつしか)北斎の門にはいり,長女と結婚したがのち離縁。「南総里見八犬伝」などの読み本の挿絵や肉筆美人画をかく。文政5年大坂にゆき,柳川派をひろめた。天保(てんぽう)3年閏(うるう)11月28日死去。46歳。姓は鈴木。通称は重兵衛。別号に雷斗。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

柳川重信(初代)

没年:天保3.閏11.28(1833.1.18)
生年:天明7(1787)
江戸後期の浮世絵師。鈴木氏,俗称重兵衛。江戸の人。葛飾北斎の門人。錦絵・肉筆画もあるが,主に摺物や,合巻・読本・人情本・狂歌本などの挿絵で活躍。文政5,6(1822,23)年の在坂中には,上方浮世絵界に大きな影響をおよぼしている。

(浅野秀剛)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳川重信(初代)の関連キーワード文康葛飾北目葛飾雷周清谷等舟斗雷ならや伊八文浪森川保之嶺斎泉里

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone