柳川重信(初代)(読み)やながわ しげのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「柳川重信(初代)」の解説

柳川重信(初代) やながわ-しげのぶ

1787-1833* 江戸時代後期の浮世絵師。
天明7年生まれ。江戸の人。葛飾(かつしか)北斎にはいり,長女と結婚したがのち離縁。「南総里見八犬伝」などの読み本の挿絵や肉筆美人画をかく。文政5年大坂にゆき,柳川派をひろめた。天保(てんぽう)3年閏(うるう)11月28日死去。46歳。鈴木通称は重兵衛。別号に雷斗。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典「柳川重信(初代)」の解説

柳川重信(初代)

没年:天保3.閏11.28(1833.1.18)
生年天明7(1787)
江戸後期の浮世絵師。鈴木氏,俗称重兵衛。江戸の人。葛飾北斎門人錦絵・肉筆画もあるが,主に摺物や,合巻・読本・人情本・狂歌本などの挿絵で活躍。文政5,6(1822,23)年の在坂中には,上方浮世絵界に大きな影響をおよぼしている。

(浅野秀剛)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android