コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳敬助 やなぎ けいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳敬助 やなぎ-けいすけ

1881-1923 明治-大正時代の洋画家。
明治14年5月15日生まれ。白馬会洋画研究所で黒田清輝にまなぶ。欧米に留学し,荻原守衛,高村光太郎らと交遊文展に出品し,二科会創立にくわわった。大正12年5月16日死去。43歳。同年遺作展開催中,関東大震災で作品のおおくが焼失した。千葉県出身。東京美術学校(現東京芸大)中退旧姓は山田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の柳敬助の言及

【明治・大正時代美術】より

…これらは黒田流文展系アカデミズムの平面的な描写=外光主義にあきて,新しい方向を求めていた青年画家たちに強い影響を与えるようになった。このころ斎藤与里(より)(1885‐1959),柳敬助(1881‐1923),津田青楓(1880‐1978),藤島武二,有島生馬,南薫造(くんぞう)(1883‐1950),山下新太郎(1881‐1966),石井柏亭(鶴三の実兄),斎藤豊作(とよさく)(1880‐1951),高村光太郎らが,フランス印象派の手法をたずさえて次々に帰国している。そして1910年高村光太郎が《スバル》に発表した論文《緑色の太陽》は,自然を見る人間の内面的な活動,人格(自我)の表現を主張し,わが国における印象派宣言として青年画家たちを狂喜させた。…

※「柳敬助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柳敬助の関連キーワード大正時代明治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android