柳絮(読み)りゅうじょ

精選版 日本国語大辞典「柳絮」の解説

りゅう‐じょ リウ‥【柳絮】

〘名〙 の花が咲いた後、白い綿毛のある種子が散るさま。また、その種子。やなぎのわた。降る雪の形容にも用いられる。→柳絮の才(さい)。《季・
※懐風藻(751)詠雪〈文武天皇〉「林中梁上歌塵」 〔梁元帝‐登江州百花亭懐荊楚詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「柳絮」の解説

りゅう‐じょ〔リウ‐〕【柳×絮】

白い綿毛のついた柳の種子。また、それが春に飛び漂うこと。 春》「ひとすぢの―の流れ町を行く/普羅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android