コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ヤギ

8件 の用語解説(柳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やぎ【柳】

やなぎ。多く他の語と複合して用いられる。「青」「川
「恋しけば来ませわが背子垣内(かきつ)―末(うれ)摘み枯らし我立ち待たむ」〈・三四五五〉

やなぎ【柳】

ヤナギ科ヤナギ属の落葉樹の総称。一般に湿地に多く、低木または高木で、葉はふつう互生する。雌雄異株。主に早春、花が穂状か尾状につき、種子は白毛があって風で飛び、柳絮(りゅうじょ)という。街路樹や庭園樹などにされ、材は器具・薪炭用。コリヤナギネコヤナギなど多くの種があるが、葉の細長いシダレヤナギをさすことが多い。ヤナギ科双子葉植物は約350種が北半球の温帯地域を中心に分布し、ケショウヤナギオオバヤナギヤマナラシポプラなども含まれる。 春》「田一枚植ゑて立ち去る―かな/芭蕉
襲(かさね)の色目の名。表は白、裏は青、または萌葱(もえぎ)。柳襲。
柳色」の略。

やなぎ【柳】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「柳」姓の人物
柳宗理(やなぎそうり)
柳宗悦(やなぎむねよし)

りゅう〔リウ〕【柳】

二十八宿の一。南方の第三宿。海蛇座の頭部にあたる。ぬりこぼし。柳宿。

りゅう【柳】[漢字項目]

常用漢字] [音]リュウ(リウ)(漢) [訓]やなぎ
〈リュウ〉
木の名。ヤナギ。特に、シダレヤナギ。「柳絮(りゅうじょ)柳緑花紅垂柳翠柳(すいりゅう)楊柳花柳界
柳の枝のように細いこと。「柳眉(りゅうび)柳腰蒲柳(ほりゅう)
〈やなぎ〉「柳腰糸柳川柳
[難読]青柳(あおやぎ)柳葉魚(ししゃも)柳川(やながわ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やぎ【柳】

やなぎ。多く他の語と複合して用いる。 「青-」 「垣内かきつ-末うれ摘み枯らし我立ち待たむ/万葉集 3455」 〔「やなぎ」の略か。「楊」の字音に由来するとする説もある〕

やなぎ【柳】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳の関連キーワード柳葉色化粧柳行李柳枝垂れ柳猫柳赤芽柳大葉柳柴柳深山柳ネコヤナギ

柳の関連情報