柴五郎(読み)しばごろう

百科事典マイペディアの解説

柴五郎【しばごろう】

陸軍軍人。福島県生れ。父は会津藩士,小説家で政治家の東海散士柴四朗)は兄。1879年陸軍士官学校卒。日清戦争中は大本営参謀,戦後,清国公使館付武官となり,義和団事件では北京公使館に籠城して解決にあたった。日露戦争戦功をあげ,第12師団長,東京衛戌(えいじゅつ)総督などを歴任,1919年会津藩出身者で初の陸軍大将となり,台湾軍司令官となった。1923年退役。満州事変後の陸軍の動向に落胆したといわれ,その死に自決説がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴五郎 しば-ごろう

1859-1945 明治-大正時代の軍人。
安政6年5月3日生まれ。柴四朗の弟。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士の子。日清(にっしん)戦争では大本営参謀。のちイギリス・清国公使館付武官となり,義和団事件の際の北京籠城戦を指揮した。日露戦争では野砲第十五連隊長。佐世保要塞(ようさい)司令官,東京衛戍(えいじゅ)総督などを歴任し,大正8年陸軍大将。台湾軍司令官,軍事参議官をつとめた。昭和20年12月13日死去。87歳。陸軍士官学校卒。自伝に石光真人編『ある明治人の記録』。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しばごろう【柴五郎】

1859‐1945(安政6‐昭和20)
陸軍軍人。東海散士(柴四朗)の弟。会津藩士柴佐多蔵の子。戊辰戦争で柴家の婦女は自刃,男たちも一時,俘虜となり収容所(江戸の謹慎所)に入る。弘前県大参事野田豁通の書生となり,1879年陸軍士官学校を卒業,日清戦争には大本営参謀となった。1900年清国公使館付武官のときイギリス,ドイツ,フランスの侵略意図や軍閥との関係を調査。義和団事件では北京に籠城し,清国兵の大砲奪取の積極策を推した。日露戦争には野砲連隊長となり,その後重砲兵旅団長,第12師団長,東京衛戍総督などを歴任,19年大将,台湾軍司令官に任じられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柴五郎の関連情報