コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柾目紙/正目紙 マサメガミ

デジタル大辞泉の解説

まさめ‐がみ【×柾目紙/正目紙】

コウゾを原料として漉(す)いた厚手の白い和紙。漉き目が柾目のようにまっすぐに通る。主に錦絵(にしきえ)を刷るのに用いられた。
桐(きり)・杉などの目の木材を紙のように薄く削ったもの。箱類の化粧貼(ば)りなどに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柾目紙
まさめがみ

和紙の一種。正目とも書き、略して柾、または正ともいう。奉書や杉原紙に類似した厚手の楮紙(こうぞがみ)で、漉(す)き目が木目(もくめ)のようにまっすぐに通っているところからこの名を得た。江戸時代後期からはおもに錦絵(にしきえ)版画に用いられ、ことに伊予国(愛媛県)産の伊予柾は著名であった。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

柾目紙/正目紙の関連キーワード伊予奉書西条柾錦絵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android