コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柾目紙/正目紙 マサメガミ

2件 の用語解説(柾目紙/正目紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まさめ‐がみ【×柾目紙/正目紙】

コウゾを原料として漉(す)いた厚手の白い和紙。漉き目が柾目のようにまっすぐに通る。主に錦絵(にしきえ)を刷るのに用いられた。
桐(きり)・杉などの柾目の木材を紙のように薄く削ったもの。箱類の化粧貼(ば)りなどに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柾目紙
まさめがみ

和紙の一種。正目とも書き、略して柾、または正ともいう。奉書や杉原紙に類似した厚手の楮紙(こうぞがみ)で、漉(す)き目が木目(もくめ)のようにまっすぐに通っているところからこの名を得た。江戸時代後期からはおもに錦絵(にしきえ)版画に用いられ、ことに伊予国(愛媛県)産の伊予柾は著名であった。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柾目紙/正目紙の関連キーワード麻紙吉野紙岩国半紙楮紙奉書紙細川紙ラシャ紙伊予柾紙仙貨紙御簾紙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone