コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄祥 えいしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栄祥 えいしょう

1797-1856 江戸時代後期の僧。
寛政9年生まれ。大和(奈良県)長谷寺でまなぶ。越後(えちご)(新潟県)国上寺住職をへて,嘉永(かえい)3年伊賀(いが)(三重県)常福寺の住職となる。真言宗豊山派学匠として知られ,「伝流灌頂見聞記」「髻珠鈔(けいじゅしょう)」など,おおくの著作をのこした。安政3年10月16日死去。60歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓兼松。字(あざな)は浄純。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

栄祥の関連キーワードティークハイネ川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)蔀関月アーガー・ムハンマドウルストンクラフトレオーベンの仮条約ウルストンクラフトケルキラ島

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android