栄祥(読み)えいしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栄祥 えいしょう

1797-1856 江戸時代後期の僧。
寛政9年生まれ。大和(奈良県)長谷寺でまなぶ。越後(えちご)(新潟県)国上寺住職をへて,嘉永(かえい)3年伊賀(いが)(三重県)常福寺の住職となる。真言宗豊山派学匠として知られ,「伝流灌頂見聞記」「髻珠鈔(けいじゅしょう)」など,おおくの著作をのこした。安政3年10月16日死去。60歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓兼松。字(あざな)は浄純。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栄祥の関連情報