コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼松 かねまつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兼松
かねまつ

総合商社。 1889年日濠貿易兼松房次郎商店として創業。 1913年合資会社に改組して兼松商店改称,1918年株式会社に改組,1943年 (旧) 兼松と改称。 1967年総合商社の江商と合併して兼松江商に変更。 1990年に現社名に改称。燃料関連の比重が高く,電子分野などで分社化を進める。売上構成比は,繊維 17%,鉄鋼・住宅建材 13%,食糧品 15%,機械・電子 18%,燃料 30%,化学品・紙パルプ7%。年間売上高2兆 1983億 5900万円 (連結。貿易比率 64%) ,資本金 410億 1600万円,従業員数 1938名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

兼松

正式社名「兼松株式会社」。英文社名「KANEMATSU CORPORATION」。卸売業。大正7年(1918)「株式会社兼松商店」設立。平成2年(1990)現在の社名に変更。本社は東京都港区芝浦。専門商社。前社名は「兼松江商株式会社」。IT・食料・鉄鋼・エネルギー関連など取扱製品を専門化。東京証券取引所第1部上場。証券コード8020。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

兼松の関連キーワード兼松コミュニケーションズ兼松エレクトロニクス立花(福岡県の地名)瀬戸のおいしい海の塩第一勧業銀行グループ兼松エンジニアリンググリーンドリンクス勝相撲浮名花触東京都国立市中中村 勇二郎兼松日産農林崎田 隆夫新東亜交易中村勇二郎兼松房治郎田村 昌由藤井 善助5月21日清川 正二兼松KGK

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兼松の関連情報