株小作(読み)かぶこさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

株小作
かぶこさく

江戸時代以降,農地改革 (1947) 以前,おもに山間地農業地帯にみられた小作関係で,1戸分の生計を営むに足りる最低限の田畑,山林,家屋,夫食 (ふじき) などを一括して,定額の小作料で賃貸借するものをいう。地方により一戸前小作,軒前卸 (のきまえおろし) などの呼称もある。一般に,地主に対する身分的隷属性が強く,小作人は地主に対して一定の物納小作料を支払うほかに,地主直営地の耕作など各種の追加的労働地代の提供をも行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android