コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式等振替制度 カブシキトウフリカエセイド

デジタル大辞泉の解説

かぶしきとう‐ふりかえせいど〔‐ふりかへセイド〕【株式等振替制度】

上場会社株券をすべて廃止し、株主の権利の管理を、証券保管振替機構および証券会社に開設された口座において電子的に行う制度。金融商品取引所上場されている株式新株予約権新株予約権付社債投資口優先出資投資信託受益権およびこれらに準ずるもので、発行者の同意を得たものが対象。平成21年(2009)の株券電子化に伴い導入された。→証券保管振替制度

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

株式等振替制度の関連キーワード株主名簿

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android