栴檀・楝(読み)せんだん

大辞林 第三版の解説

せんだん【栴檀・楝】

センダン科の落葉高木。暖地に自生、また庭木・街路樹とする。枝先付近に大形の羽状複葉を互生。初夏、紫青色の小花を円錐状につけ、晩秋、黄色い楕円形の実がなる。材は建築・器具材とする。古名オウチ(楝)。 〔「栴檀の花」は [季] 夏、「栴檀の実」は [季] 秋〕
ビャクダンの別名。
「栴檀の板」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android