コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あかぎれ fissured skin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あかぎれ
fissured skin

皮膚の表層角質の水分減少して起る線状の割れ目をいう。表皮の深層から真皮に達することもある。皮脂や汗の分泌が悪くなる冬期に発生することが多いが,できやすい体質的なものがある。ひびはおもに,頬や手の甲などの乾燥した皮膚がむけてくる状態をいうが,あかぎれは手のひら,爪の周囲など,角質の厚い部分が硬くなって割れた状態をいう。予防には,ビタミンA,Dあるいは尿素を配合したハンドクリームが用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

あかぎれ

手や足の皮膚の角質層の厚い部分に深いひび割れが生じ,内部が赤く見えたり出血したりするもの。冬に多いのは皮膚が分泌物の減少により乾燥するためで,ワセリンなどを塗るのは予防に役立つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかぎれ【chaps】

手のひら,足の裏,手足の指の皮膚に亀裂fissureを生じた状態のうち,その裂け目が深くて赤く見え,ときには出血し,ふつう痛みがあるもの。亀裂が細くて浅いものはひびといわれる。皮膚の働きの一つとして,機械的,物理的,化学的に有害な刺激を防ぎ,水分,有毒物質,細菌,真菌などの侵入を阻止し,また体液が失われるのを防ぐ対外保護作用がある。寒さによる脂腺汗腺の機能低下,手足の不潔,洗剤の使い過ぎ,職業上の薬品の刺激などが原因となって,皮膚最上層の角層の水分が減少し,皮膚が乾燥するとなりやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あかぎれ
あかぎれ

亀裂(きれつ)性湿疹(しっしん)の俗称。ひび(落屑(らくせつ)性湿疹)の悪化した皮膚病で、ひびと同様に幼小児と主婦に好発し、小児では手足と顔面、主婦では手にみられる。また、小児では寒冷や寒風、主婦では水仕事、とくに洗剤やせっけんの使用がそれぞれおもな原因となる。まず皮膚が乾燥して、表皮の角質層の最表面がはがれてかさかさしてくる。この病状がひびとよばれる段階で、さらに病状が進むと、皮膚が厚く硬くなり、線状の皮溝が目だち、やがて皮膚の弾力性が低下して亀裂を生じ、あかぎれとよばれる症状となる。普通、軽いかゆみを訴えるが、亀裂が深いと痛みがおこり、出血することもある。せっけんや洗剤の使用による主婦のあかぎれは、主婦湿疹としても知られる。治療にはワセリン、尿素軟膏(なんこう)、ヘパリン様物質含有軟膏、ステロイド軟膏、あるいは5~10%サリチル酸含有軟膏を塗布する。主婦の場合、水仕事をしばらくしないで治療するのが望ましいが、それができない場合は、木綿の手袋をはめた上にゴムまたはビニール手袋を用い、せっけんや洗剤が直接皮膚に触れないようにする。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のあかぎれの言及

【ひび】より

…手足や顔にできる皮膚の細かい浅い裂け目のこと。出血を伴い,赤くて深いものは一般にあかぎれと呼ばれる。寒冷による皮膚の脂腺・汗腺の機能低下,手足の不潔,洗剤類の使い過ぎ,体質,ビタミン欠乏などにより,皮膚,とくに最上層の角層が乾燥するために生ずる。…

※「あかぎれ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

あかぎれの関連キーワードシビ・ガッチャキ病蝦蟇の油・蝦蟆の油ひびとあかぎれドライスキンひび(湿疹)グリセリンシュンラン皸る・皹るガマの油売緒方惟義緒方惟栄せっけんムラサキ蝦蟇の油ベルツ水屈まる皹・皸アロエ切れる裂き手

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あかぎれの関連情報