コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栴檀二葉 せんだん ふたば

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栴檀二葉 せんだん-ふたば

?-1858 江戸時代後期の狂歌師。
石川雅望(まさもち)(宿屋飯盛(やどやの-めしもり))の門人。櫛(くし)商をいとなみ,のち親戚から吉原の妓楼をひきうけて主人となる。狂歌は五側(ごがわ)の判者をつとめた。安政5年9月4日死去。姓は吉田。名は寧彦。通称は槌屋文四郎。別号に六朶(ろくだ)園,寿松軒など。
【格言など】日の本は天の岩戸の昔より女ならでは夜のあけぬ国

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

栴檀二葉の関連キーワードケクレ安政の大獄徳川家定快楽亭ブラックノルドクビストビュルゲルペリーマクネアレイイーストレーキ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android