広義の密約(読み)コウギノミツヤク

デジタル大辞泉「広義の密約」の解説

こうぎ‐の‐みつやく〔クワウギ‐〕【広義の密約】

国家間の条約協定などで秘密にされている部分。他国に重要な権利・自由を与えたり、自国が重要な義務・負担を引き受けるなど、公表されているものとは異なる重要な内容を持つ国家間の合意・了解で、必ずしも明確な文書の形で存在するものではなく、暗黙のうちになされているもの。平成21年(2009)11月から平成22年(2010)3月にかけて密約問題を検証した外務省の有識者委員会が示した密約に関する定義の一つ。→狭義の密約

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android