根岸カップリング反応(読み)ネギシカップリングハンノウ

デジタル大辞泉の解説

ねぎし‐カップリングはんのう〔‐ハンオウ〕【根岸カップリング反応】

有機化合物の合成にパラジウム触媒として用いるクロスカップリング反応の一。化学反応のある段階において、亜鉛を含む有機金属化合物が一時的に接着剤に似た役割を担い、さまざまな有機化合物の炭素どうしを選択的に結びつける。昭和52年(1977)に根岸英一らにより発見。平成22年(2010)、根岸は同業績により、鈴木章ヘックとともにノーベル化学賞を受賞した。根岸クロスカップリング反応

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android