コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栽松青牛 さいしょう せいぎゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栽松青牛 さいしょう-せいぎゅう

?-1506 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。肥後(熊本県)の人。出羽(でわ)米沢(山形県)瑞竜(ずいりゅう)寺の実庵祥参(じつあん-しょうさん)の法をつぐ。のち陸奥(むつ)伊達郡(福島県)の山中に庵をむすび,また山に松をうえつづけて栽松道者と称した。のち土地の人たちがたてた頭陀(ずだ)寺の開山となる。永正(えいしょう)3年6月26日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

栽松青牛の関連キーワード戦国時代青牛曹洞

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android